パソコンを楽しく使って老化防止に!

パソコンを楽しく使って老化防止に!

パソコンにチャレンジを始めて15年が経ちました。
もともと機械音痴を自認していた私は、パソコンなどは全く無縁の世界でした。
49歳の時、新しい世界へ飛び出した私は、何か新しいことにチャレンジしようと決意し、初めてパソコンを購入しました。しかし、購入したもののパソコンに触ることも出来ず1年が過ぎてしまいました。

当時、ビワ温灸の勉強を始めた頃で、新たに会社を立ち上げる機会を利用し、パソコンを活かすための勉強を開始することにしました。
恐る恐るパソコンに触れ、添付されている説明書を読んでみても意味が解らない日が続きました。近くのパソコン専門の店に通い、使い方の情報を得る努力をしたのが昨日のようです。

説明書を読んでも専門の用語が書かれていて先に進めません。そこで説明書を読むために、パソコン用語辞典を購入しました。こうして私のパソコンとの闘いが始まりました。

独学で自由気ままにパソコンと格闘しながら15年が経った現在、パソコンを生活の一部として楽しみながら老化防止にも役立てています。

これまで自己流ながら覚えてきたことを、少しずつ日記として綴ってみようと思います。
利用可能なものがあれば、このブログで公開していこうと考えていますので、どうぞご自由にご利用下さい。

「栄養表現のカラクリ」から見えるもの

「栄養表現のカラクリ」から見えるもの

先日、十数年来の友人が我が家を訪れ、久し振りに楽しい話に花が咲いた。
その友人は長年糖尿病を患っており、インスリン注射を持参で一泊することになった。。
翌朝のこと、「毎日飲んでいるものがあるから、朝食はいらない。」と言う。
バッグから取り出したものは、良く見かける紙パックに入った『1日分の野菜』で、栄養のバランスが良いので朝は必ず1パックを飲んでいて、健康に十分気を付けているとのこと。

平成19年の国民健康・栄養調査によると、糖尿病の可能性を疑われる人を含めると推定2200万人以上もいるといわれていて、生活習慣病の「代表格」だ。生活習慣病は日々の生活改善が必須なのだが、十分な知識を得て取り組んでいるとは言えない。

さて、昨日の西日本新聞の健康コラム「素朴な疑問」に『1日分の野菜』が取り上げられていたので紹介したい。「素朴な疑問 食品の裏側から」西日本新聞 2015.1.21

内容をみると、「搾るときに繊維質は除かれ、輸送コストのため加熱濃縮される工程でビタミン、ミネラルなども減少。あとから減った成分を添加して栄養素の帳尻を合わせたとしても、素材からとった350㌘の野菜とは根本的に違います。」と記事にあるように、野菜30種類350g分の栄養がきっちり摂れるジュースだが、ジューサーを用いて自宅で作る生のジュースとは根本的に違うのだ。

友人に話を戻すが、十数年も前から糖尿病を患いながら、朝食は『1日分の野菜』を1パックだけで済ます食事のあり方は感心しない。しかも、体重がかなりオーバーしているのが一目でわかり(お腹は太鼓腹)、運動はほとんど行っていない。

長年の通院治療にもかかわらず、私たちの目から見るとインスリンを打ちながらの生活は本当に大変なことなのに、本人はその大変さを自覚していないのだ。現状の医療のあり方に大きな疑問を抱いた。

しかし、市販されている清涼飲料の中には糖分を多く含むものも数多く存在する。そのような飲み物を何も考えず飲んでいる人が多いことも事実だ。また、野菜嫌いで全く野菜を摂らないよりは、野菜ジュースは良いのだろうが、これだけで健康体質が作られるかといえば嘘になる。

私の10年日記

今年から老化防止の対策として「10年日記」に挑戦中です。

 

 ちなみに「私の10年日記」は手作りのA4サイズです。視力が良くないので、大き目サイズの日記帳を探していたのですが、B5サイズまでしかなく、自分専用のオリジナル版を作る事にしました。

A4のリングファイルと穴あけ用のゲージパンチが必要になりますが、オリジナルの日記帳は満足です!

「私も作りたい!」 PDFファイルを用意しました。どうぞご利用ください。

【印刷用PDFファイル】

「私の10年日記」の作り方-準備するもの

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月

8月  9月  10月  11月  12月

表紙-1  表紙-2

私の健康作り

「肩こりに良く効く体操」が漫画家の描いたイラストで紹介されていた。
 日頃から肩こりで悩んでいる人はかなり多いと思うが、簡単な運動で肩こりは軽減できる。

さて、「肩こり」といえば、漢方の葛根湯を思い出す方も多い。葛(くず)の根を主成分として作られた漢方薬だが、うまく適応さえすればよく効く。しかし、薬を服用せずとも日頃から簡単な体操やウォーキングなどの軽度の運動を行っていれば、肩こりとは無縁になる。

寒い日が続くこの時期は、どうしても運動不足になりがちなので、積極的に運動する心構えがが大切だ。寒いとつい億劫になり家にこもりがちだが、寒い時こそ気持ちを切り替えて外へ出よう!もちろん、防寒は着脱し易いものを準備すると好都合だ。

今年は、ウォーキングを一日あたり90分(約1万歩)の目標をかかげて実行し、筋肉貯金を増やしたい。昨年も筋肉貯金のことを書いたが、今年も多くの方に「筋肉貯金」を勧めたい。

老後に備え”貯筋”を (大分合同新聞)

 ちなみに、通常のウォーキング・コースだが、効率的な運動を行えるよう勾配のあるコースを歩くようにしている。片道、約3.3kmのコースなので、往復6.6kmを約75分かけて歩いている。

正月早々に起こった食中毒

1月3日深夜、腹部の膨満感で目を醒ます。軽い吐き気があるが、嘔吐するまではいかない。
腹痛もなくトイレに駆け込む状況ではなかったので再び眠る。

起床後、吐き気がやや強くなり食欲は殆ど沸かない。身体がだるいので、炬燵に潜り込み横になる。2~3時間経っただろうか、突然吐き気が強くなりトイレに駆け込み嘔吐し、虚脱感とともにダウンしてベッドに。体温を測ると37℃あり微熱。夕方まで眠るが身体の虚脱感は取れていない。

我が家の主な暖房用の灯油が無くなった。この時期に灯油がないでは話にならないので、額に汗をかき身体がふらつく中出掛ける。帰宅後、ベッドへ直行。

熱を測ると37℃あり、体内の免疫力は正常に働いているようだ。

しかし、発熱したからと特に驚くことは無い。発熱すればすぐ解熱薬を服用したり、下痢をすればすぐに下痢止めに頼りがちだが、身体の免疫の仕組みを知っていれば何も大騒ぎすることはないのだ。

発熱の仕組みは、身体に細菌やウィルスが感染すると、身体を守るための防衛反応として免疫が働き、細菌やウィルスを追い出そうと熱を発生させるのだ。

下痢や嘔吐も発熱と同じで、体内に入ってきた異物として捉えたものは免疫が働き、体外へ排泄しようと防衛本能が働くのだ。

この様な時は出来るだけ安静に限る。胃腸への負担を避けるために食事を抜き、脱水症状を起こさないために水分補給を怠らないことだ。軽度の食中毒ならこれで十分だ。

水分補給の際に、いつも冷蔵庫に保存してある梅肉エキスを少量溶かし飲んだ。

※ 余談だが、梅肉エキスは古くから身体に良いことで知られ、梅の季節には梅酒とともに自宅で作る人が多いようだ。

さて、今回の食中毒だが、季節がら最初は「ノロウィルス」も疑ったが、潜伏期間が12~72時間で、その頃に食べたカキなどの貝類を疑わなければならないのだが、食した記憶はない。

しかし、食中毒を起こす可能性のある細菌は10種類以上あるのだ。
※厚生労働省

食中毒予防には、家庭内では気を付けないといけないことが数多くあり、どこかで細菌の汚染があったと考えられる。さらに、身体が疲れていたことで免疫力が低下していて、感染しやすい状況にあったことだ。

いずれにせよ、正月早々に食中毒を起こしてしまった現実は素直に認め、過信をせず今後は予防に努めたい。

予防には、食中毒の3原則と食中毒を防ぐ6つのポイントを参考に!

自己判断に頼らず医師の診断を躊躇わずに受けることも必要だ。

生命力を感じた瞬間

人は生まれながらにして「生きようとする力」を授かり生きていますが、往々にして「自分自身の力で生きている」と思っている人が少なくありません。しかし、日々の食事(肉や野菜や海藻・キノコなど)から多くの命を頂きながら生きているという事実を知らねばなりません。

よって、動物や植物などの多くの命を頂くことによって「生かされている」ということに感謝するすることが大切です。

若い時は元気もあり老化や病気など自身とは無縁だと思いがちですが、年々老いるごとに体力や記憶力の低下が個人差こそあれ誰にでも起きてきます。

健康に関心の高い人は40~50代頃から健康管理に努めはじめますから、この年代を境に体力差や病気の罹患率にも格差が生じてきます。

さらに、生命力にも差が当然起こってきます。
生命力は、自分の意思力だけではどうにもならないのです。

どんなに長く生きたいと強く願っても、日々の健康管理がなされていなければ、その願いは達成されはしないでしょう。

日本は世界で一番の長寿国になっていますが、その背景には医療の進化や充実が大きく関わっています。

しかし、食生活の改善を含めた日常の生活改善での健康管理が欠かせないことは言うまでもありません。

話は変わりますが、現在私の母は94歳で入院生活を送っています。
認知症の症状が7~8年前から徐々に進行し、3~4年前からは会話も殆ど出来なくなりました。さらに、食事を経口から摂れなくなってから1年4ヶ月あまり、IVHによる栄養補給に頼りながら生かされています。

IVH(中心静脈栄養法)は、ポート(点滴注入口)を首や胸の皮下に埋め込んで栄養(高カロリー輸液)をカテーテル(管)で入れます。食事の経口摂取が困難な患者に行われるもので、感染のリスクはありますが、感染がなく良好な状態ならば良い栄養状態を維持出来るのです。

一人暮らしで気ままな生活に慣れ、運動も全くしない生活が当たり前の日常で、偏った食生活が長年続いており、高脂血症や糖尿病も進行していました。

施設へ入所してからは栄養状態が徐々に改善され、さらに入院してからはIVHからの栄養でだけで血液の状態は比較的安定してきました。

主治医からは、IVHだけでも現状の維持が十分可能で、感染症さえ注意すれば「100歳まで生きる」と口癖だったも夢も可能性が出てきました。

大晦日、「私がわかりますか?」の声掛に、母が「わ・か・る」とはっきりした声で応じてくれました。いつも病室では耳元で「わかりますか?」と何度も声をかけてきたものの、これまでは全く反応が見られなかったので、一瞬信じられませんでした。

本人の生きたいという執着と強い意思を見せられたようで、生命力の凄さをあらためて感じた瞬間でした。

「生命力」は生きるための前向きに働く力で、言い換えれば自然治癒力の旺盛な状態であるとも言えます。

しかし、私たちの周囲には多くのマイナスに働く要因が溢れています。

食品添加物や大気汚染、暴飲暴食や過剰なストレスなどのほか、喫煙や薬剤による影響も要因の一つとして挙げられます。

いくら健康に良いことをしていても、マイナスに働く要因を無視しては「生命力」は元気に働いてはくれないのです。

日頃からの心がけとして、こつこつ毎日積み上げる良い習慣こそ大切ではないでしょうか。

医薬品の添付文書

医薬品には添付文書が付いているが読んでいない人がかなりある。
私は医薬品販売の経験があるが、医薬品に添付されている能書をよく読むように指導してきた。用法・用量を守るのは当たり前なのだが、これを守らない人があるのだ。
また、医薬品にはつきものの副作用も起こり得ることを知っておく必要がある。知らずに服用して、あとで思わぬ事態に遭遇することはまれではないのだ。

一般用医薬品には薬局やドラッグストアーなどで販売されている医薬品と一般家庭へ業者が配置する置き薬がある。これらの医薬品は比較的副作用も少なく安全性が高いとされるもので、素人でも自己判断で服用することが可能な医薬品といえる。
さらに、病院などで処方される医療用医薬品があるが、医療用の医薬品に関しては医師の診断により処方される医薬品で、一般の人が簡単に購入したり自己判断で服用することは避けなければならない。

最近では医薬分業もかなり進み、医師から処方箋をもらい、薬局で薬剤師に薬をいただくシステムが浸透しているので、医薬品による事故はかなり減っていると思われるが、現在でも殆どの方が医療用医薬品の添付文書を読んでいない。また、添付文書があることも知らない人が数多くいることが実情だ。

私がかって薬局を開業した昭和50年代は医薬品添付文書集の書籍を購入して、その情報を得て一般の人へ伝える努力を行ってきが、現在は数十年前までと違い多くの情報が公開されており、医薬品の情報も簡単に入手することが容易になった。

医薬品の内容を知るためのサイトはいろいろあるが、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のHPを紹介したい。
病院や医師からもらった薬の名前を入力し検索すると製薬会社が発行している添付文書をだれでも簡単に読むことが出来る。添付文書を読むと重篤な副作用も記載されている医薬品もあり、中には不安になる人もあるだろうが、正確な知識は必要だ。

2014年10月10日付けの西日本新聞のコラム欄「聴診記」に、「薬の添付文書を読もう」との記事が掲載された。記事の終わりに「どの医師も添付文書をしっかり読んだ上で、薬を処方していると信じたいが、『添付文書をちゃんと読んでいる医者はほとんどいない』(ある医師)との声もある。」とあった。

まさかと疑いたくなるような言葉に唖然とするが、患者側も自分の健康を医師任せにせず、医薬品を服用する前に、副作用など思わぬ事態を招かないよう必ず添付文書を読むことをおすすめしたい。

禁煙宣言から一年

禁煙の宣言をしてようやく1年が過ぎました。これまで何度もチャレンジしてみたものの、全て失敗に終わってきただけに、今回は快挙といえると内心満足しています。

とはいうものの、一日に5~10本くらいの喫煙だったので止めることは無かったのかも知れませんが、「あなたが健康でいてくれないと困る!」とビワ温灸を受けに来る患者さんからの一言に、ようやく重い腰を上げることが出来て、今は感謝しています。

喫煙といえば、煙草を吸っている本人よりも、そばにいる吸わない人の方が多分に害を受けます。不公平な話ですが、今まではこのことを真剣には考えていなかったと自分自身反省をしています。喫煙を止めて初めて事の重大さに気が付きました。

主流煙に比べて副流煙は多くの有害物質を含んでいるとよく言われます。  特にニコチンやタールには、発がん性があることは誰もが知っているにも関わらず、喫煙をしていない人がいる前での平気な喫煙は非常識極まりないと思うようになりました。  最近では、殆どの公共施設では禁煙が常識になっています。

愛煙家にとって、喫煙の行為は楽しみの一つだと同情もしますが、煙草を吸わない周囲の人への配慮はとても大切です。マナーを守って楽しんで欲しいと思うこの頃です。

ひとりごと

ビワ温灸と関わるようになってから、15年もの年月が過ぎようとしています。
特にここ数年は歳月の経過が年々早くなってきたように感じてなりません。
多くの方々に聞くと、殆どの人が「自分もそうだ」とおっしゃいます。
年を重ねることは自然で、一年の長さは少しも変わるわけがないのに、
どうして毎年早く過ぎていくように感じてしまうのでしょうか。
「それが老いるということだ」と何となく解るのだけど、やはりこれも仕方のない事実です。
老化防止になると信じて始めたパソコンへの挑戦も、早いものでこれも15年が経ちました。
もともとメカ音痴を自認していた私にとって、まさかの上達ぶり?に驚いています。
地域で開催されているパソコン教室にも通わず、勝手気ままな独学での挑戦は、かなりの勇気がいりました。なにせメカ音痴なのですから。

今から15年前まで、東京にて2つの支店を持つ薬局の経営をしていながら、当時FAXさえも使えない有様でした。今考えると嘘みたいなホントの話なのです。
当然、パソコンなど使えるようになるわけがないと決めていたのです。

でも、何かに挑戦をしようと勇気を奮い立たせたのは一体何だったのでしょうか?

最初の一年は、購入したまま触れないまま時間が過ぎていきました。
2年目になり、会社の立ち上げを思い立ち、定款づくりなど提出書類の作成を始めました。
さらに、海外旅行の記憶を辿りながら、旅行記を書く事にも挑戦しました。
これは、のんびり思い出しながらの作業だったので意外と文字入力の練習に役立ちました。

また、突然に起きた網膜剥離の手術での入院の際も、パソコンを病院に持ち込み、自分史を綴る良いチャンスに恵まれ、ここでも文字入力の良い練習期間になりました。

でも、その甲斐あって、今ではパソコンとは切っても切れない?仲になっています。

全くの素人だった私が、ホームページ作成もチャレンジを初めて3度のリニュアル作業を行いましたが、これはやっぱり素人の域でやはり難しい作業にいつも難儀しています。
7~8年前からはこのホームページも多くの方々に見て頂けるようになり、本来ならばもっと更新作業を行い、充実した内容のあるものにするべきなのに、その作業を怠ってきたことを本当に反省しているこの頃です。