ビワ療法の体験記録
すい臓がん
肺がん
腎臓がん
胃がん
腹膜播種
子宮がん
肝臓がん
● 食道がん
首の痛み
肩の痛み
腰の痛み
膝の痛み
その他の疾患
 
ビワ療法の体験談 → GO
 
 




 


      
■ 膝の痛み

 
佐賀県在住 男性 (65才)

 この方は、約2週間前に数年ぶりのゴルフに参加し、その日以来、色々試してみたが、夜中も膝の痛みがあり動きにくいので、ビワ温灸のことを知人に聞いて訪れたとのことでした。

 身長は167cm、体重は82kgあり肥満の体型で、膝への負担がかなりかかっています。普段からあまり歩くことが少なく、運動不足が影響しているようです。

 ビワ温灸は基本快癒点の施術と膝周りの施術を行いました。

 とくに膝が悪い場合は、膝裏の委中のツボとその周囲を丹念に施術します。

 また、膝の表面は左右の膝眼に加え、血海・梁丘を施術します。もちろん腫れがある場合は、患部の熱がないことを確かめた上で施術を行なっています。

 約1時間の施術を終え、「膝の屈伸をやってみて下さい」と指示すると、「あれっ、あれっ」と不思議そうな声を出され、膝の痛みが消失していました。

 わずか1回のビワ温灸の施術で痛みが除かれ、膝の曲げ伸ばしも楽になった事例です。








  TOPへ戻る
  ■ 膝の痛みと関節の腫れ

 
佐賀県在住 女性 (72才)

 この方は、膝の痛みで膝を曲げることが出来ず、これまで整形外科で膝の水を3回抜いたそうです。

 12月中旬からビワ温灸の施術を3回行い、正月明けにお見えになった時は、膝の腫れもすっかり引き、痛みも殆ど消失していました。

 ビワ温灸は全身への基本快癒点の施術を中心に行い、そのあとに膝の表と裏側への温灸を行なっていますが、大部分の方が3〜7日くらいで症状が改善されるようです。

 ビワ温灸の施術を行うことで自然治癒力が高まり自然の働きで水も抜け症状が緩和されているのだと考えます。



 このような膝の痛みや腫れのある方へは、出来るだけ水を抜くことを避けるようアドバイスを行なっています。



 

 
■TOP ■ビワについて知りたい ■いろいろなビワ療法 ■ビワ療法の基本のツボ ■ビワ療法を覚えたい
■ビワ関連商品のご案内 ■サイトマップ ■リンク ■ビワ療法Q&A ■ビワ療法の体験記録 
 TOPへ戻る 
Copyright (C) 2016 BIWA OnnetsuRyouhouKenkyukai. All Rights Reserved