ビワ療法の基本のツボ 
 
 
 
 


    
五十肩のツボ

40〜50歳代の人に多く見られる肩の痛みで、肩関節周囲炎といいます。肩こりと違い、痛みと共に肩がこわばったり腕が上がらないなどの症状を伴うことが多い疾患です。

特に冷えには要注意が必要です。

−治療のポイント−

首から肩にかけてのツボを中心に充分に温めます。

肩井(けんせい)・肩ぐう・臑会(じゅえ)・臂臑(ひじゅ)のツボを充分に温めます。

さらに雲門(うんもん)・中府(ちゅうふ)などのツボが効果的です。

 
 
■TOP ■ビワについて知りたい ■いろいろなビワ療法 ■ビワ療法の基本のツボ ■ビワ療法を覚えたい
■ビワ関連商品のご案内 ■サイトマップ ■リンク ■ビワ療法Q&A ■ビワ療法の体験記録 
 TOPへ戻る 
Copyright (C) 2016 BIWA OnnetsuRyouhouKenkyukai. All Rights Reserved