ビワ療法の基本のツボ 
 
 
 
 


    
更年期障害のツボ

主に40〜50歳代の女性の閉経期に起こることが多い病気です。

頭痛、頭重、肩こり、腰痛、動悸、息切れ、めまい、疲労感、冷え、のぼせ、不眠、心身の不安感など症状は多岐にわたることが多いようです。

−治療のポイント−

基本快癒点を中心に温めます。

足の血海(けっかい)・三陰交(さんいんこう)や肝兪(かんゆ)・脾兪(ひゆ)・腰の胞肓(ほうこう)・腹部の大巨(だいこ)などのツボが特に効果的です。

 
■TOP ■ビワについて知りたい ■いろいろなビワ療法 ■ビワ療法の基本のツボ ■ビワ療法を覚えたい
■ビワ関連商品のご案内 ■サイトマップ ■リンク ■ビワ療法Q&A ■ビワ療法の体験記録 
 TOPへ戻る 
Copyright (C) 2016 BIWA OnnetsuRyouhouKenkyukai. All Rights Reserved